あなたの本づくりをお手伝いする協同出版のおすすめ

■ご 挨 拶 ■ 
だれもが一冊は本が書けるといわれております。自分のたった一回の生涯を書くにせよ、話すにせよ、それを本にする可能性はあるはずです。 ご自分の生涯や我が家の歴史を記録して子孫のために残しておきたい方、日頃のエッセーや旅行記を編集して一冊の本にまとめたい方、また生活の合い間に丹精をこめてつくられた詩歌や俳句を記念のために美しい本に仕上げたい方、長年かけて研究された論文集を学界に問うべく研究書として上梓されたい方などの「本づくり」のお手伝いをさせていただきます。  
今は「自費出版」が盛んな時代のようです。
小社は創立以来、表だっては自費出版を謳ったことはありませんでしたが、著者と相談して必要なだけの部数に見合う費用を負担していただいたうえで、小社の責任で部数を上乗せして市場にゆだね、好評を博したしたことが数多くあります。このような形を「協同出版」と草風館は位置づけております。草風館としましては、これまでの経験を生かしまして、「協同出版」という形の新しい出版の試みとして、原稿を本にしたいというご希望をお持ちの皆様と協同して、より良い本を世に送り出してまいりたいと念願するものです。上記の趣旨にご賛同頂けましたら気楽にご連絡・ご相談くださいますようお願い申しあげます。 

   【自分史・作品集・論文集など の本づくり】
自叙伝/伝記/研究論集 /郷土史/作品集/随筆集/旅行記/交友録/詩集・歌集・句集/写真集・画集 /遺稿集/追悼集など
複雑な工程を経てできる本づくり 企画・構成、原稿整理、校正、レイアウト・デザイン、装丁などの編集作業から、印刷・製本までの全工程にわたって個性を尊重する本づくりをいたします。
草風館は企画、執筆のお手伝いから、一冊の本に仕上げるまで、著者のご希望にかなった、その個性にふさわしい本づくりを心がけます。  
【社史づくり】
会社史/団体史/機関史/市町村史/校史/サークル史など
創業以来の足跡を丹念にたどって、次の世代へ事業を引き継ぐための資料づくり
読まれる社史づくりを提案します。従来の重厚なスタイルだけではなく、ムック形式や写真・イラストを多用したビジュアルな誌面構成の社史や市町村史、またCD/ROMなど電子媒体と連動した新しい団体史や校史づくりなどもご提案いたします。             

【本ができるまで】
1.原稿作成/ワープロ入力 2.打合わせ 3.出版契約 4.素読み/リライト 5.原稿整理/指定/レイアウト
6.本文組み 7.校正 8.ブックデザイン 9.念校 10.色校正 11.責任校了 12.印刷 13.製本 14.送本/配本

[本ができるまでの主な工程]  
◆原稿をお作りください  
文字原稿は、原稿用紙にお書きのものでも、ワープロで入力したものでも、かまいません。文字原稿のほかに、掲載したい写真、図版、図表などがありましたら、ご用意ください。
原稿作成のお手伝いをいたします
お忙しい方には直接お話を伺って原稿づくりのお手伝いをいたします。またテープに吹きこんだお話を再現して本にする方法もあります。さらにあちらこちらに書いた原稿の群れを整理・補充して本にする場合もあります。 いずれの場合でもご相談ください。
◆次に造本のイメージをお決めください  
ご希望の本の寸法や活字の大きさ、装丁をイメージしてください。装丁のカバーや表紙、函などの絵柄や紙質、刷り色、口絵などは、お手持ちの本を参考にしてくだい。もちろんイメージづくりのご相談にものります。そして印刷部数もお決めください。
専門の装丁家に依頼もできます
お知りあいのデザイナーに頼むのもよし、ご自分でデザインするのも楽しいでしょう。専門の装丁家に依頼することも可能ですが、その場合は費用は別途かかります。
◆概略の費用をお見積もりいたします  
以上のことがおおよそ決まりますと、当社では概算見積もりをお出しいたします。 見積作成データ に必要な事項をご記入いただければ、概算見積もりができます。
◆契約いたします  
最終的な合意をいただきましたら契約を結びます。そのさいに、原則として制作費の半額を前金として申し受けます。残りの半額は、本の完成、納本のさいにいただきます。
◆校正刷りを出します  
組上がりましたら校正刷りをお届けいたしますので、入念にご校閲ください。この際、大幅な変更がありますと、刊行時が遅れ、追加料金もかかります。
◆本ができ上がるまで3カ月ほどかかります  
校正がすべて終わりましたら、最後の工程の印刷・製本となり、あとは完成を待つばかりです。ご指示の場所に一括納品いたします。また、贈呈先などのリストにより、個別発送する作業も承っております。この場合の経費は別途となります。
◆全国の書店に配本します  
全国の書店に委託配本をご希望の場合、当該書籍の内容によっては適正な部数をお預かりして、取次を通じて全国の書店に委託配本の代行をしたり、注文に対して直接販売することも可能です。あらためて一定の条件のもとに契約をさせていただきます。原則的に一年間の契約期間を過ぎてから精算することになります。


【見積作成項目】

 

 


【制作標準価格】
(単位:万円)
上記価格は、各200頁、本文
9ポ1段組、カバー2色刷、表紙1色として算出。
写真や図版、口絵などがはいると変動します。
なお、並製とは表紙が軟らかく、上製は厚表紙のものです。

 

 

                       ホームに戻る                     
                           

MAIL to WebMaster